WCSC25

WCSC25を振り返って 2日目

5月4日 月曜日

起床したのは8時。朝寝坊した。
朝食どころか受付に間に合うかと言うタイミング。

急いで車で会場へ向かう。

8時50分、会場着。
受付はなんとか間に合った。

2日目は勝ち抜けないと考えていたため、楽しもうと思っていた。
そのため、最初はすごく気楽に参加していた。最初は。

1回戦:GPS将棋
初戦から強豪GPS将棋。
予選1位通過したのに割に合わないなとちょっと思った。

今年はminiクラスタだがクラスタ側には誰も居らず、止まったら大変とのこと。
参加メンバも田中先生や金子さんは居らず、2人だった。

将棋は難解な物だった。
△8六歩▲同飛△8四歩と1歩損して歩を戻すという手はプロ棋士の先生も驚かれた。

結局ひまわりは負けて0勝1敗。

2回戦:GA将!!!!!!!!
昨日に続いて今大会2度目の対局。

昨日よりGA将!!!!!!!!は良い形で戦ったように思ったが、玉型の差が大きかったように思う。

ひまわりが勝って1勝1敗。

3回戦:大合神くじらちゃん
こちらも昨日に続き2度目の対局。

クラスタは結局動いていないらしく、単体での対局。

戦型は相横歩。
相横歩は先日の電王戦でPonanzaが飛車の交換を避けたことが話題になった。

本譜はあっさり飛車を交換し、過激な戦いに。

最後はひまわり優勢の局面でくじらちゃんが切れ負け。
これで2勝1敗。

4回戦:YSS
23回連続決勝進出の記録を持つYSS。
レーティング差で考えると勝ち目薄。

しかし、始まってみるとひまわりがひたすら受ける展開。
ひまわりが勝ちやすい展開になって少し期待した。

その後もきっちりリードを拡大して勝ち気る。
ひまわりは3勝1敗。

芝浦将棋時代から含めて始めてYSSに勝ったのが嬉しかった。

この頃から3日目を期待するようになった。

5回戦:NineDayFever
優勝候補の一角、NDF。
floodgateでは一度勝っているが、基本的には手合い違い。

将棋の内容も良いところはあまり無く、敗戦。
これで3勝2敗。

6回戦:竜の卵
毎年安定した成績を残している竜の卵。
シード権確保のボーダーとして長年君臨している。

戦型は竜の卵が穴熊に対しひまわりは上部から押さえ込む形。

そのまま押さえ込んでひまわりの勝ち。
これで4勝2敗。

7回戦:Selene
方策勾配法勢の対決。
Seleneは電王戦にも出場しており、強化学習勢でも最強。

将棋はひまわりが良くしたと思ったら取り逃がしてSelene入玉。
敗勢かと考えていたらひまわりも入玉に成功。

ひまわりはただのボナンザメソッドよりは入玉は得意だと思う。

このまま引き分けに出来るかと考えていたらSeleneは入玉宣言勝ちが出来るとの事。
Seleneの読み筋にmate 13が出力され、そのままSelene宣言勝ち。

選手権での宣言勝ちは史上初の快挙で、Seleneは独創賞を受賞。
ひまわりはこれで4勝3敗。

8回戦:なのは
必殺スターライトブレイカーで強敵にも一発入れる力を秘めるなのは。
ひまわりとレーティングはほとんど同じと思われる。

相矢倉で、ひまわりは1筋から雀刺しを狙う将棋。
▲4七銀から▲2七銀と転換する手順は善し悪しは別として決めてになったと思う。

最後はなのはが時間切れとなってひまわり勝ち。
5勝3敗。
予選通過がかなり近づいたと思った。

9回戦:Ponanza
今大会最強と名高いPonanzaが最終対局。
正直、6勝で勝ち残りは無くなったと思った。

あっさりひまわりが負けて5勝4敗。

Ponanzaと当たったのはソルコフ的には良かったが、残念ながら0.5点足りずに9位だった。

全体的に、ひまわりがよく受けたと思う。
実力がよく発揮出来たのでは無いかと思う。

夜はひまわりチームでお祝いをして、夜遊びをした。

夜道を歩いてる際、Apery平岡さんや、記者の坂本さん、nozomiの大森さんと会った。
開発者の多い町だなと思った。

WCSC25を振り返って 1日目

5月3日 日曜日

1日目はnozomiとくじらちゃんが強く、ひまわりは5勝2敗を目標に考えていた。

ところが、nozomiは電王トーナメント版では無く作り直している物とのことでR2000程度とのこと。
くじらちゃんは前日の作業が完了しておらず、クラスタは難しいとのこと。

特にnozomiは強い方のバージョンは持ってきてもいないとのことで、意思の強さを感じた。

以下に自戦記(観戦記?)を記す。

1回戦:なり金将棋
古参、なり金将棋。
昨年は1次予選終了後に木更津駅付近に飲みに行ったので、少し話しやすいと思った。

将棋はなり金将棋さんが着手出来ずに不戦勝。
サーバ側では電文は来ているが改行コードが無く、指し手として認識出来ないとのことだった。

なり金将棋さんはその後すぐにデバッグに取りかかり、その後は対局が出来ていたようだ。

2回戦:まったりゆうちゃん
最古参の一つ、まったりゆうちゃん。
ひまわりは去年は優勢の局面から頓死しており、今年はリベンジと考えていた。

が、その話を開発者の小谷先生にしたところ、完全に忘れていた。

将棋はひまわりが優勢の局面でまったりゆうちゃんが切れ負け。
どうやらプログラムが落ちたらしく、2局続けて不本意な形での勝利となった。

3回戦:おから饅頭
前日のテスト対局ではひまわり側のミスで完敗した相手。
floodgateにも放流していたらしく、R2300程度とのこと。

R400差はかなり有利だと考えていたが、実際に対峙すると怖いなと感じた。
将棋は終始ひまわりが良く、きっちりと勝ちきった。

4回戦:GA将!!!!!!!!
方策勾配法勢対決。
今回のひまわりは手法的には強化学習と言い難く、方策勾配法勢対決がしっくりくる。

GA将!!!!!!!!はひまわりと違い全て自己対局で評価関数を作っている。
その点でひまわりより数歩先に行っているプログラムである。

将棋の内容はひまわりの圧勝で、プロの棋譜の優秀さがまた証明されてしまった。

5回戦:山田将棋
開会式にて20回目の出場を表彰された山田将棋。
2年前に勝ち星、ソルコフ、SB、MDがならんで直接対決の結果で8位9位を分けた相手。

今年はバグを直したら強くなったとのことで、ここまでは順調に勝っている。
ここ数年は大きな修正はしてないとのことだが、今年は秒読みの対応で少し手を加えたらしい。

ひまわりが全勝対決を勝ち、5連勝となった。
ここまで5連勝はひまわりとsunfishの2チーム。

6回戦:sunfish
最後の全勝対決。
昨年不参加のため、一次予選から出場のsunfish。

開発者の久保さんは将棋がとても強く、事前にsunfishを倒したとのこと。
嬉しいが、開発者に負けちゃダメだろうと思ったと語った。

私はひまわりに△2八角を打たせても負けるので羨ましく思った。

将棋はひまわりが上手く攻めたらしく、見事勝利。
ひまわりが唯一の全勝となった。

7回戦:大合神くじらちゃん
WCSC23勢の同期対決。
3年目にしてようやく初手合いとなり、少し嬉しく思った。

対局直前にクラスタを試みるが結局動かず、1PCでの対局となった。

将棋は千田五段に解説して頂くことになり、とても分かりやすかった。
特に銀を捨てて攻め込んだ▲6四飛は評価された。

ひまわりがくじらちゃんの穴熊をひまわりがこじ開け勝利。
7戦全勝で予選通過することとなった。

夜、飲み会。
GA将の森岡さんの呼びかけで集まった人数は計17人(くらい?)!
予約無しに入るのは困難と考えていたら1件目であっさり入れた。

面白かったのはチームメカ女の電王戦観戦の話。
すごく熱く語って頂き、自分も一度くらい現地で見たかったと思った。

GA将の森岡さん、さわにゃんの宇賀神さんと3人でわさび寿司を食べた。
3つのうち、わさびがたくさん入っているのは1つというルール。

全勝した運もそのままに、見事わさびが沢山入った寿司を引き当てた。
すごく、おいしかった(色々な意味で)

その日はホテルに戻ったらすぐに寝てしまった。
くじらちゃんの放送もあったようだが、全く見ることは出来なかった。

WCSC25を振り返って 0日目

5月2日土曜日

横浜から車で木更津へ

途中、アクアラインの入り口で渋滞するも予定より2時間ほど早く木更津に到着。
ホテルのチェックインまでは3時間ほどあったので、昼食を食べてゲームセンターへ。

15時になってホテルに向かうとロビーで無明6のDavid Wadaさんと遭遇。
PCを持っていて、かずさアークに行く術を検討していたようなので一緒に車で行くことを提案。
16時に待ち合わせて会場に向かうことに。

車中では無明の学習手法や今大会の目標などを聞いた。

会場に着いてマシンをセットアップすると電源は入るがディスプレイが映らない問題が発生。
結局、メモリを抜き差しして動くようになった。

テスト対局を行えるとのことでおから饅頭さんと対局。
しかし学習用のパラメータを読み込んでいたせいで局面評価が酷くなっており、惨敗。
テスト対局で気付けて良かったと思った。

その後はテスト対局することも無く会場を離れてお風呂へ。
エクセル木更津に宿泊すると湯の里かずさの無料券が貰えるのでありがたく使った。

夜は食事をしてすぐに寝る予定だったが、いざ寝ようというところで大合神くじらちゃんの生放送開始。
前日深夜にLinux用のmakefileを書いていて驚いたが、間に合うことを願ってのんびり見ていた。
結局、寝たのは3時頃だった。

世界コンピュータ将棋選手権1日目の予想

2015年5月3日から木更津のかずさアークで行われる世界コンピュータ将棋選手権の出馬表を作成致しました。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/51180643/WCSC25-1.pdf

現在は初日の出馬表のみ作成しております。

本誌予想として私も選手権の通過順位を予想しています。
予想は以下の通りです。

1.くじらちゃん
2.nozomi
3.ひまわり
4.STAPLAB
5.無明6
6.sunfish
7.GA将
8.まったりゆうちゃん
9.libshogi

予想はfloodgateのレーティングと経験年数、マシン構成などを考えて行いました。

初日のボーダーは5勝2敗は確実に通過で、4勝3敗はソルコフ勝負になると思います。
ソルコフ勝負では表街道を行ったソフトの方が有利になる傾向があるようなので、新規参加チームのくじ次第で若干の有利不利が出る可能性もあります。

本記事を読まれた皆様も、お祭りと思って予想してみてはいかがでしょうか。
2日目の予想も募集しております。